インテリア茶箱クラブ

防虫・防湿に優れた「茶箱」を世界で一つだけのインテリアに。東京都品川区旗の台。

主宰プロフィール

インテリア茶箱クラブ主宰 パイザー真澄

インテリア茶箱クラブ主宰 パイザー真澄(Masumi Pizer)

70年代、思春期の数年をロンドンで過ごし、海の向こう側から日本を愛でる機会を得る。

総合商社と銀行に勤務後、二児を得て退職。

1998年、日本在住の外国人宅にて「布張り茶箱」に出会う。

以降、仲間とともに「インテリア茶箱クラブ」を立ち上げ現在に至る。
常に新しい技術や手法を追及し、衰退しつつある茶箱産業の存続活動に力を注ぐ。


インテリア茶箱は登録商標です。
このサイトに掲載されている全ての画像の著作権はインテリア茶箱クラブに帰属します。
無断での複写、転用は固くお断りいたします。

インテリア茶箱のレッスンを行えるのはインテリア茶箱クラブ認定インストラクターのみです。
また、類似する名前の茶箱クラフトはインテリア茶箱とは一切関係がございません。

2016 Interior Chabako Club All rights reserved.