インテリア茶箱クラブ

防虫・防湿に優れた「茶箱」を世界で一つだけのインテリアに!東京都品川区旗の台

インテリア茶箱クラブ
〒142-0064
東京都品川区旗の台6-10-15
TEL 03-6421-5257

営業時間 10:00~17:00
定休日  土日祝
(月に1回土曜日レッスンあり)

インテリア茶箱クラブの才能溢れる認定インストラクターの先生方をPick Up!
気になる先生を見つけたら早速アクセス!

インテリア茶箱クラブ 認定インストラクターPick Up!
Vol.32「Atelier L'écrin」(神戸御影)主宰 大島朋子さん

Atelier L'écrin主宰 大島朋子さん
大島朋子(おおしまともこ)プロフィール

2014年5月 インテリア茶箱インストラクター取得

・日本ヴォーグ社 フレンチデコディプロマ取得
・APJ(パスマントリージャポン協会)認定講師
(タッセル)  
・The Constannce Spry ディプロマ
(フラワーアレンジメント)

ホームページ:http://lecrin2014.exblog.jp
Mail:l-ecrin@jcom.zaq.ne.jp

大島朋子さんメイン写真

作っているうちに茶箱の魅力のとりこに!

インテリア茶箱スタッフ(以下「ス」):
大島さんがインテリア茶箱に出会ったのはどのようなきっかけからですか?

大島さん(以下「大」):
私と茶箱との出会いは、友人の家で帯で作られた茶箱をみたことです。
日本に駐在する外国の方から教えてもらったとのことで 早速、問い合わせましたが、
すでにご帰国されていて… そこで、ネット検索をして茶箱クラブを知りましたが、
当時、関西に先生がいらっしゃらなくて諦めていました。

ス:そうだったんですね。

大:はい、その後久しぶりに開いたホームページで関西開講を知り、早速申し込みました。
そこからは、茶箱の魅力にとりつかれ、現在に至っています。
いくつか作っている中で、私もインストラクターになりたいと思ったのは、自然の流れでした。
Atelier JOIEの宮田先生のマジックハンド?に感動して、もっと深く技術を学びたいと思いました。
ところが、やはり当時インストクラスは旗の台だけで、
一年間迷っていたら、またまた、 宮田先生がクラスを始められるということで即決しました。

ス:何か運命的な流れを感じますね!!

甘くないからこそ自信がつくインストラクタークラスでした

ス:そんな運命的な流れでインストラクタークラスに入られたわけですが、如何でしたか?

大:大阪のインストクラスも、旗の台に負けず劣らずの厳しさでした(笑)。
特に、中級課題のストライプに苦しみ、四か月もかかった時には青息吐息。 

ス:ストライプは本当に皆さん苦労されるようですね~。

大:そうみたいですね!私も「うーん、髪の毛一本分ずれてるよ~」と言われて
「!!!!!!!」となってしまいました(笑)。でも、苦しんだ分だけ自信につながるのよという
宮田先生の言葉に励まされ、慰められ、何とか修了することができました。
そして今、宮田先生のその言葉を実感しています。

ス:厳しさの分、どこに出しても恥ずかしくないクオリティの物になりますからね。

大:まだまだ未熟ですが、かけた時間だけのことは得られたと信じています。

完成時の皆さんの笑顔が何よりの喜びです

ス:大島さんのお教室の特徴などを教えていただけますか?

大:教室では、丸一日の作業ですから、とにかく楽しく製作していただきたいと思っています。
出来る限りご希望通りの作品に仕上がるように、丁寧にお教えすることを心がけています。
完成した時のみなさんの笑顔を拝見するのは、何よりの喜びです。
ご希望の方には、ご要望に合わせての内箱作り、お揃いの
アバジュール(ランプシェード)製作のお手伝いもさせていただきます。

ス:茶箱とお揃いの物が作れるのは嬉しいですね!
今後の目標なども教えていただけますか?

大:インスト大阪クラスの方々と関西展示会が、そして、東京の三越のようなイベントが
関西でも定期的にできるようになればと思います。
お手伝いさせていただいたイベントを通して感じたこと…アピールももちろん必要だけれど、
誠意をもって心のこもった作品を作り続けることそれが、信用につながること。
そこにあるだけで、心が豊かになってうれしくなる、ふわーっと笑顔になる
そんな作品作りを続けていきたいとおもいます。

ス:私たちも応援しております!今回は有難うございました!!


誠実なお人柄が作品からも溢れる大島さん。
神戸近辺の方は是非問い合わせてみてください!

レッスンやオーダーなどのお問い合わせはこちらから→l-ecrin@jcom.zaq.ne.jp


大島朋子さんの作品です!※クリックで拡大します。

60K
Sandersonの刺繍生地
一目ぼれした生地です

40K
刺繍手描き振袖
アンティークショップで作品のために購入
柄を縫い合わせるのに苦心しました

40KS
Backhausen
我が家のカーテン生地です
ランプもお揃いで

40KS
左の40KSの内側に
futa.uraアートもお願いして
クッションもつくってみました

30KS
柄合わせの課題作品

60K
Laura Ashleyの生地で

Nori-M
薄地課題作品

15KS
振袖用の帯

Stool
Nina Campbellのシルク地
4か月かかったストライプの課題作品

15K
着物
若いころのお茶のお稽古着

インテリア茶箱は登録商標です。
このサイトに掲載されている全ての画像の著作権はインテリア茶箱クラブに帰属します。
無断での複写、転用は固くお断りいたします。

インテリア茶箱のレッスンを行えるのはインテリア茶箱クラブ認定インストラクターのみです。
また、類似する名前の茶箱クラフトはインテリア茶箱とは一切関係がございません。

2016 Interior Chabako Club All rights reserved.